ナビ 闘うピアニスト赤松林太郎トップ profile shedule media CD 音源 blog facebookpage 制作中
プロフィール日本語 プロフィール英語 制作中 プロフィールドイツ語

2歳よりピアノとヴァイオリンを、6歳よりチェロを始める。幼少より活動を始め、5歳の時に小曽根実氏や故・芥川也寸志氏の進行でテレビ出演。10歳の時には自作カデンツァでモーツァルトの協奏曲を演奏。1990年全日本学生音楽コンクールで優勝して以来、国内の主要なコンクールで優勝を重ねる。1993年には仙台市教育委員会より平成5年度の教育功績者に表彰。神戸大学を卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノ・室内楽共に高等演奏家課程ディプロムを審査員満場一致で取得(室内楽は全審査員満点による)。ピアノを熊谷玲子、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、フランス・クリダ、ジャン・ミコー、ジョルジュ・ナードル、ゾルターン・コチシュ、室内楽をニーナ・パタルチェツ、クリスチャン・イヴァルディ、音楽学を岡田暁生の各氏に師事。

2000年にクララ・シューマン国際ピアノコンクール(審査員にはマルタ・アルゲリッチやネルソン・フレイレなど)で第3位を受賞した際、Dr.ヨアヒム・カイザーより「聡明かつ才能がある」と評された。国際コンクールでの受賞は10以上に及ぶ。国内各地の主要ホールはもとより、アメリカ、ロシア、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、台湾、コロンビアなどを公演で回る。近年では2013年よりウィーン各地で室内楽コンサートを開始、2013年秋にデュッセルドルフにてリサイタル、2014年春に生前のバルトークが使用したピアノ(ハンガリー科学アカデミー所蔵)でリサイタル、また2015年春のドナウ宮殿におけるドナウ交響楽団との共演を成功させ、夏はミラノでソロリサイタル、秋はブダペスト、ウィーンにて公演。

これまでに新田ユリ、手塚幸紀、堤俊作、西本智実、山下一史の指揮のもと、東京交響楽団やロイヤルメトロポリタンオーケストラ、ロイヤルチェンバーオーケストラなどと共演。NHK交響楽団や東京フィルハーモニー管弦楽団などのメンバーと室内楽も行い、多くの音源(YouTube)に残している。2014年にキング・インターナショナルから《ふたりのドメニコ》(レコード芸術準特選盤)と《ピアソラの天使》をリリースして各誌で絶賛される。500名以上の指導に携わり、国内外の主要なコンクールで多くの受賞者を輩出している(PTNA特級グランプリ・銀賞・銅賞など)。審査員やマスタークラスの講師はもちろん、エッセイストとして新聞や雑誌にも連載を持っている。「美しいキモノ」ではモデルも務める。

全日本ピアノ指導者協会正会員、演奏研究委員。2014年よりブダペスト国際ピアノマスタークラス(ハンガリー国立リスト音楽大学・共催)にて講師を務める。2016年より洗足学園音楽大学客員教授。

 

Rintaro AKAMATSU, born in Oita (Japan) in 1978, started studying the piano and violin at the age of 2 and the cello at 6. Since his childhood days, he has given many public concerts and broadcasts. Heperformed Mozart’s concerto with cadenza extemporaneously at the age of 10. Starting with the Grand Prix of All Japanese Students’ Music Competition” in 1990, he has won numerous prizes in Japan.

His first international honor was the 3 prize at The “Clara Schumann” international piano competition in 2000, where one of the jury members was Martha Argerich. Dr. Joachim Kaiser called Akamatsu “an intelligent and
talented pianist” on ZDF’s program. Since then, he has won more than 10 prizes in international competitions.

He majored in musicology at Kobe University and received the Diplôme supérieur de concertiste (à l'unanimité avec félicitations du Jury) of both piano and chamber music at the Ecole Normale de Musique de Paris. While living in Düsseldorf, Paris and Budapest, he studied under Mikhail Voskresensky, France Clidat, Jean Micault, Nina Patarcec, Christian Ivaldi, Gyorgy Nádor, and Zoltán Kocsis.

Akamatsu has performed in Saint-Petersburg (2000), Düsseldorf (2001/2013), Taipei (2002), Paris (2003-2005), at the Beppu Argerich Festival (2004), in Rome (2005), Budapest (2005-2007), Bogotá (2010), and Vienna (2013) etc.. He regularly gives more than 60 concerts a year in Japan, including concertos and chamber music performances. His next CD recording will be released by KING INTERNATIONAL in 2014.

More than 200 of the students that Akamatsu has taught have gone on to win prizes in various competitions. In addition, Akamatsu frequently serves on juries, regularly contributes essays and articles to newspapers and magazines, and serves as the managing director of the Japan Liszt Society.